ストレフリーで仕事がしたい?それなら横浜の風俗求人をチェック

サイトマップ

外国人女性

横浜のデリヘル風俗求人の寮紹介制度とは

ダメージデニム

いざ風俗求人に応募して「来てください」と言われても、自宅の近くにデリヘルの事務所があるとは限りません。片道1時間以上かけて通うのは時間の無駄です。その1時間でお客を1人とることができます。通勤困難者のために用意されているのが、寮紹介制度付きの横浜のデリヘル風俗求人です。
デリヘル業界でいうところの寮は、マンションやアパートです。工事現場でよく見られる仮設のプレハブ住宅で暮らすようなことはまずありません。面接はなるべく横浜の事務所で受けたほうがいいです。ついでに、寮の中身を確認することができます。
寮を基準にして横浜のデリヘル風俗求人を選ぶとき、最も気をつけなければらないのは寮費です。有料、無料どちらもありえます。相場は1泊、1200円~1800円です。2000円以上かかるようなら、自分でレンタルルームでも探したほうがいいのかもしれません。寮の環境がいいのは当然、有料です。家具や家電などの生活用品が最初から整っている可能性があります。暮らしに欠かせないものが用意されていれば、引越し等に余計なお金を使わないですみます。
待機所に集団部屋、個室があるように、寮にも集団寮と個室寮の2種類があります。友人と一緒に応募するのなら集団寮でも構わないでしょう。1人で横浜のお店の面接を受けるなら、1人で使う部屋なのか2人で使う部屋なのか確認しておく必要があります。

これだけある横浜のデリヘル風俗求人に応募するメリット

もしもあなたが横浜でデリヘル風俗求人を探しているならば、どのようなメリットを求めてデリヘル風俗求人を見ているのでしょうか?ほとんどの女性はまずは給与条件がどのようになっているかを気にしていることでしょう。デリヘル店で働く動機がお金を稼ぐことがほとんどですから、給与条件がどうなのかを気にするのは当然のことかもしれません。
ただし、給与条件が最優先であることは否定できませんが、その他の待遇条件も横浜のお店を探す際にしっかりと見ておくことは必要です。優良な待遇条件がないと結局は稼ぐこともできなくなる可能性もあるからです。
横浜のデリヘル店で働くには何日出勤して何時間仕事をしなければならないという縛りはほとんどありません。たいていのデリヘル店は出勤日や出勤時間は自由であるからです。デリヘルで働く女性は自分の都合の良い日や時間だけ働くことができます。アルバイトや副業のような働き方もできます。
しかし、デリヘル店の給与は歩合給か成果給であるので、勤務日数や勤務時間が短ければ稼ぎも少なくなるので、デリヘル店としては勤務日数や勤務時間を自由にしている面もあります。ただし、そのことは横浜のデリヘル風俗求人に応募する側にとってはやはりメリットになるというべきでしょう。

横浜の風俗求人に応募して体験入店を受けるまでの流れ

体験入店を受けるまでの手順は、デリヘル風俗求人の応募、面接、契約、講習、写真撮影の五つです。横浜のなかで風俗求人を選んだら、電話、メール、SNSのいずれかで応募の手続きを進めることになります。この三つの中で最もスピーディーなのは電話です。一回のやり取りで面接日、面接場所を決めることができます。面接スタッフがいないときに電話をかけても意味がありません。問い合わせ時間には注意が必要です。メールやSNSはいつでも応募できますが、面接の約束を取り付けるまでに多少の時間がかかります。
横浜のデリヘル風俗求人の主な面接場所は、事務所、喫茶店、ファミレスの三箇所です。SNS面接が可能であれば、自宅から外へ出かけなくても面接を実施できます。横浜のお店から採用の連絡をもらったら、その場で契約を結ぶことになります。コンパニオンの契約は、雇用契約ではなく業務委託契約です。
講習には講義と実技の二種類があります。講義は必須項目ですが、実技は任意にしている求人もあります。実技では実際に男性スタッフの相手をすることになります。公式サイトなどでお客に紹介するための写真撮影です。少しでも見栄えを良くするために、デリヘル店専属のカメラマンに撮ってもらうことになります。撮影補助としてヘアメイクスタッフを雇っている店もあります。


できればストレスフリーな働き方がしたい方は横浜の風俗求人を【いちごなび】で探してみてはどうでしょうか?自分に合った仕事を見つけて、ストレス無く働きましょう!

New Article

笑顔

デリヘルの一般的な労働環境

デリヘルは二十四時間営業可能な風俗業です。勤務形態はシフト制、固定シフト制、フリーシフト制の三通りあります。コンパニオンやヘアメイク、カメラマンはフリーシフト制です。店長や幹部候補は固定シフト制で、内勤スタッフや送迎ドライバー、メールオペレーターはシフト制となります。デリヘル求人の主な職場は、本社、事務所、待機所の三つです。コンパニオンに限り、顧客の自宅やホテルが職場になることもあります。無店舗型の風俗なので、顧客に性サービスを提供するための実店舗はありません。注文の受け付け方法はメール、電話の二通りであるため、ホテヘルのような受付所も不要です。コンパニオンの業務では自動…

海

デリヘルではどうすれば稼げるのか?

デリヘル求人といえば、学歴も経験も資格も特別必要とせずに大きく稼げるというのが魅力であり特徴と言われています。しかしそう簡単にいかないというのが近年の流れ、バブル崩壊や世界的不況のあおりを受けてからというもの厳しい状況が続き、どのお店もどのキャストもその事態に直面しているようです。給与形態としては60分の接客で一般のOLが稼ぎ出素1日分の金額の約半分には至りますが、それは指名があって初めて生まれるお金になるのです。キャストの中には8時間の待機で1人2人の指名や接客機会があればいい方という方も少なくないということから、働いてみたところ結局は同世代のOLの給料と良くて同等、悪ければ半…

ハット

デリヘルの仕事探しで熟女が苦戦する理由

熟女として捉えられ始めるアラフォー世代に入るとデリヘル求人では途端に苦戦を強いられるようになっていると言われています。俗に言われる「40歳の壁」というものです。この40歳の壁は一般職以外の特殊な業界にはよく言われているもので、プロ野球選手が体力の限界に至ったり、ミュージシャンやアーティストは才能が枯れてくる、タレントは次なるステップが求められるとして、人生の岐路に立たされるのです。デリヘルでのそれはどういったことが理由となるのでしょうか、少し探ってみましょう。まずスポーツ選手のように体力的につらくなるというのも大きいでしょう。楽しむだけでは男性を満足させることができないのでかなり…

寝顔

写真の重要性を理解して臨むデリヘル求人

デリヘルの仕事で働く上で、写真の撮影はとても重要なことです。最近では自撮りをした画像だけで仮採用の面接ができるお店も増えてきましたし、自分をアピールする手段として実際よりもよりよく見せることもできる頼もしいツールですので、写真映えするヘアメークについても研究しておきましょう。お店の面接を終え、そのまま体験入店の流れになる場合、その場ですぐに撮影をすることがほとんどですので、面接に出向く際には、しばらくはその日のヘアメイクの写真がプロフィールに掲載されることを意識し、万全の体制で臨むことを心掛けて下さい。新人として入店する際の第一印象はとても重要ですし、客が一度目の指名をするときは…